◇ ミントチュチュレザーには、手縫い縫製とミシン縫い縫製があります。


ミントチュチュの製品には手縫い縫製とミシン縫製の2種類の縫製で仕上げております。

手縫い縫製は1本の糸の両端に針を付けて左右から交互に縫い合わせる方法です。
ミシン縫製は上糸に下糸を引っ掛けて縫う方法です。

手縫い縫製とミシン縫製にはそれぞれ利点と欠点が御座います。
それぞれの利点を発揮しながら製品を製造できればと考えております。


◇ 手縫い縫製

手縫い縫製は1本の糸の両端に針をつけ、裏と表から交互に縫い合わせます。
1目1目キリで開けながらじっくり縫い上げます。


◇ ミシン縫製

製品の場所ごとに、ミシンを使い分けます。


◇ 見た目のちがい








・手縫い縫製
麻糸が独特な雰囲気を持っています。

・ミシン縫製
ポリエステル糸の落ち着いた印象です。

◇ その他の違い

手縫い縫製は、ほとんどの場所を縫製することが出来ます。
革の重なったとても厚い場所や、ミシンでは届かない細かな裏側まで縫うことが可能です。
ミシン縫製には押さえ金を乗せる場所が必要で、
形状に限界が生じてしまう欠点があります。

しかしミシン縫製では1針を縫うスピードが手縫い縫製に比べると、
とても速いので製品のコスト削減に繋がり価格を下がることが可能になります。

ミシン縫製は上糸(上から通る糸)に下糸(下から通る糸)を引っ掛けて縫い合わせます。
上糸と下糸がそれぞれ独立した状態なので、
どちらかが万が一切れてしまった際にほつれやすくそのまま縫い目がすべてほどけてしまいます。

手縫い縫製は1本の糸の両端に針をつけ、裏と表から交互に縫い合わせます。
この方法によって糸が裏と表を交互に通るので、ほつれる事がとても少なく万が一糸が切れた際も、縫い目が全てほどけてしまうことがありません。




どちらの縫製も、 糸の太さや縫い目の幅はほぼ同じサイズで縫製されます。
(縫う部分や革の厚さによって糸の太さや縫い目の幅は変わります。)

・縫製に使用される糸
縫製にはそれぞれ違う素材の糸を使用しています。

手縫い縫製・・・・特殊な蝋引きをした麻糸を使用しています。
アイルランド産の麻糸を当社で染色することにより、高い品質と独自の発色を備えております。
糸に蝋を滑らせてありますのでほつれにくく、耐久性に優れています。


ミシン縫製・・・・ポリエステルの糸を使用しています。
化繊特有の耐久性と艶が長期にわたり持続します。
| home | mint chu chu? | shopping | instore | information | contact | company | sitemap | news | cart |
copyright 2015 Mint chu chu Leather . ALL Rights Reserved.