cv

rt-a

 

花結び籠は、

島根県松江市で籠を作っている長崎 誠さんに、

2009年に弟子入りをして、

2015年から販売を始めました。

 

 

rty

 

長崎さんは松江市大庭町にある

<かんべの里>で仕事をしています。

 

インドネシアやマレーシアなどの熱帯で育った

籐(とう)を鉈で割って籠を作ります。

 

長崎さんは江戸末期から続く

<松江藩籐細工>の6代目です。

 

rty

 

<花結組籠>

6代目 長崎誠 2009年製作

 

rty

 

<花結組籠>

2代目 長崎 福太郎 明治時代製作

 

 

2代目の<長崎福太郎>が考案した、

<花結組籠(はなむすびくみかご)>は、

長崎さんの代まで秘伝の技として受け継がれてきました。

 

座り仕事を続けて来られた長崎さんは、

2010年に腰を痛め長時間の作業が難しくなりました。

 

 

長崎さんは色々な編み方で籠を編まれすが、

編み上がりまでに長い時間がかかる花結び編みは、

2010年以降ブローチなど小さな物のみ編まれています。

 

 

 

左から 素編籠 片流素編籠 荒組籠

長崎 誠 2019年 製作 

 

現在は主に素編と荒組の籠を編んでいます。

 

door

私が長崎さんの籠を初めて拝見したのは2009年の、

島根県松江市の DOOR BOOKSTORE で、

器を製作される原 洋一さんとの2人展でした。

 

 

door

本体が籠で出来たバッグを製作したいと思っている時に、

長崎さんの籠を拝見しました。

 

長崎さんの籠を拝見して、

籐籠のバッグを作りたいと考え、

本体の製作をお願いをする為に長崎さんの工房がある、

島根県松江市にある<かんべの里>へ伺いました。

 

当時(2010年)長崎さんは籐細工を初めて、

40数年が経っており長年の座り仕事の影響で、

腰が悪くなり製作が困難になったので、

私の依頼には答えられないとおっしゃいました。

 

詳しくお話を伺っていると、

長崎さんには弟子がおらず、

後継ぎもいない事が分かりました。

 

これだけすばらしい仕事は残すべきだと思い、

長崎さんに弟子入りをお願いしました。

 

その際に長崎さんは

「花結び編はこれまで、

一子相伝で血縁者のみに受け継がれているので、

技術は墓まで持って行こうと思っている。

でも<素編(すあみ)>や<土瓶の手>など、

花結びの他にも良い技術がたくさんあるので、

それは教える事が出来ます。」

とおっしゃり、弟子入りを許可して下さいました。

 

それから週に1度、長崎さんの工房に通いながら、

籐を割って籠の材料を作る事から、

じっくり教えて頂きました。

 

nagasaki

 

<素編籠>

6代目 長崎誠 2009年製作

 

長崎さんの作る素編籠や土瓶の手はとてもすばらしく、

その技術だけでも残せれば思いながら、

工房に通っておりましたが、

やはり花結び籠のすばらしさを忘れることが出来ず、

どうにか花結び籠の編み方を残せないかと考えておりました。

 

散々考えていて思いついたのは、

<「花結びはお墓まで持って行く。」が口癖の長崎さんも、

「どうしても籠屋になりたいっ!」という人が現れれば、

「君に花結びを教えようっ!」>という流れです。

 

その考えを持ちながら、

4年経ちましたが、

籠屋になりたい人を見付ける事が出来ませんでした。

 

そして4年の間に長崎さんの腰の痛みが少しずつ増し、

元気がなくなって来ている様に感じてました。

 

「このままでは花結びを習いたい方が現れる前に、

長崎さんが籠を編むのを止めてしまうかもしれない。」と、

原 洋一さん(長崎さんと長年の親交がある焼き物屋さん)に、

相談をしてみましたら、

「川口君のお店は広いんだから、

長崎さんが元気になる企画をしてみたらどう?」と、

ご助言を頂きました。

 

つづく

 

shop

 

川口淳平 製作

籐:取手付き素編み籠

shop

 

川口淳平 製作

籐:花結び組籠

 

            | home | shopping | contact | sitemap | news | cart |
         copyright 2020 Mint chu chu Leather . ALL Rights Reserved.