お知らせ

 

insta

 

妻がインスタグラムで

当店の紹介をしています。

 

 

※今年は籐籠の展示会が多い為、

革と帆布の鞄の在庫が少ないです。

ご迷惑をお掛けします。

 

 

tengai_tenji

 

 

2022/11/23〜12/04

長野県伊那市

tetsuro2022 出品参加

 


news

2022/12/01〜06

島根県出雲市

ギャラリー高瀬川

個展

 

 

2022/12/02〜12

東京都港区

国立新美術館

第47回 伝統的工芸品展

出品参加(観覧のみ)

 

 

2023/01/04〜12

東京都港区

伝統工芸青山スクエア

第47回 伝統的工芸品展優秀作品展

出品参加(展示販売)

 

 

2023/02/25〜03/05

島根県安来市 

子どもの本 つ〜ぼ

個展

 

 

2023/03/22〜

04/03

広島県福山市 

福山天満屋 一般美術

個展

(革・籐・帆布の鞄)

 

 

2023/04/12〜17

岡山県岡山市 

岡山天満屋 美術ギャラリー

個展

 

 

2023/05/11〜17

広島県広島市 

福屋八丁堀本店 7階 ギャラリー101

個展

 

 

2023/11/

島根県出雲市

アントワークスギャラリー

個展

 

 

2024/03/

広島県福山市 

福山天満屋 アートギャラリー

個展

(籐籠と籠バッグ)

 

 

2024/04

島根県出雲市

おかや木芸

個展

 

 

2024/11/21〜27

島根県松江市

一畑百貨店 美術サロン

個展

 

 

 

page 1 (2018/05まで)

page 2(2020/06まで)

page 3(2021/12まで)

page 4(現在のページです。)

 

 

 

□ 2022/12/01

 

先日公募展に出品した籠が

展示されます。

 

work

 

<入選した籠>

 

銹籐籠信玄 落実

(さびとうかごしんげん らくじつ)

 

この度は新しく染色を始めた

銹色の籐に合わせて

いつも巾着の生地をお願いしている

中村摂子さんに桜を使って

灰色に染めた生地を織って頂きました。

 

 

<観覧展示>

2022/12/02〜12

東京都港区

国立新美術館

第47回 伝統的工芸品展

 

 

<展示販売>

2023/01/04〜12

東京都港区

伝統工芸青山スクエア

第47回 伝統的工芸品展優秀作品展

 

お近くの方は是非

ご来場頂きたく存じます。

 

 

 

news

生地を織って頂いている中村摂子さんの

企画展<tetsuro2022>も好評開催中です。

 

news

バッグを出品させて頂いています。

 

news

『TETSURO』−鉄と織の仕事−
11/23(水)〜12/4(日)
長野県伊那市高遠町東高遠1444

 

※ご来場は予約制です。

 

ご希望の時間帯・お名前・人数・お電話番号を

メールまたはお電話にて

お知らせをお願いします。

 

A : 11:00-12:00

B : 12:00-13:00

C : 13:00-14:00

D : 14:00-15:00

E : 15:00-16:00

 

メール

<鉄>河原崎さん 09026651208@docomo.ne.jp

<染織>中村さん maruse.may.0118@docomo.ne.jp

 

電話

0265-94-4535

 

 

 

□ 2022/11/30

 

news

出雲市の

ギャラリー高瀬川で

12月1日から始まる

展示会の搬入をしました。

 

news

とても広い会場なので、

のびのび展示が出来ました。

(3年ぶりの展示会です。)

 

 

2022/12/01〜06

島根県出雲市

ギャラリー高瀬川

個展

 

 

お近くの方は是非ご来場下さい。

1日3日4日に

会場に居ります。

 

 

□ 2022/11/27

 

news

冊子<さんいんキラリ

2022年秋冬号の

ショコラのページに

掲載して頂きました。

 

news

鳥取県米子市にある

ティズクレイ>の松本さんに

記事を書いて頂きました。

 

 

ティズクレイ内には

食器・衣類・カフェがあり、

いつも沢山のお客様で賑わっています。

 

 

work

ギャラリーもあり2020年に

帆布を中心にした個展をさせて頂きました。

※画像は2020年の個展の様子です。

 

 

news

この度の記事では

イラストレーターの

杉本さなえさんにイラストをお願いした

ドローイングバッグが出来るまでを

取材して頂きました。

 

 

□ 2022/11/22

 

明日より長野県伊那市で

鉄の仕事をされる河原崎貴さんと、

染織の仕事をされる中村摂子さんが

企画されている

<tetsuro>が久しぶりに開催されます。

 

2019年の様子

 

いろいろな品物が出品されますので、

お近くの方は是非ご来場ください。

 

『TETSURO』−鉄と織の仕事−
11/23(水)〜12/4(日)
長野県伊那市高遠町東高遠1444

 

※ご来場は予約制です。

 

ご希望の時間帯・お名前・人数・お電話番号を

メールまたはお電話にて

お知らせをお願いします。

 

A : 11:00-12:00

B : 12:00-13:00

C : 13:00-14:00

D : 14:00-15:00

E : 15:00-16:00

 

メール

<鉄>河原崎さん 09026651208@docomo.ne.jp

<染織>中村さん maruse.may.0118@docomo.ne.jp

 

電話

0265-94-4535

 

□ 2022/11/03

 

JU米子高島屋主催の

秋の豪華展が終了しました。

 

news

1日限りの展示会で

朝に搬入夕方に搬出と、

準備と片付けに忙しい展示会でしたが、

多くの方々にご覧頂くことが出来ました。

ご来場頂きました皆様、

誘って頂いた

ギャラリーenの一圓さんと

米子高島屋の

インテリアフロアの皆様と

外商部の皆様に多大なご協力を頂き、

感謝いたします。

 

 

□ 2022/10/28

 

米子天満屋で

開催されていた

展示会が終わりました。

 

この度は新しい色の籠を

初めてご覧頂く展示会でした。

 

皆様から

「いい色だね。」

「いろいろな時に使えそう。」

とご感想を頂きとても嬉しかったです。

 

米子天満屋美術画廊の皆様、

外商部の皆様、

多大なご協力を頂き

ありがとうございました。

 

いつも仕事場にいる私がいないので、

猫たちは近くから離れません。

 

 

 

□ 2022/10/19

 

展示会が始まりました。

 

news

 

川口 淳平 籐細工展

生成りと銹色

(きなりとさびいろ)

2022年10月19日(水)〜24日(月)

 

10:00〜19:30

※ 最終日は、16時に閉場します。

 

米子しんまち天満屋 3階 美術画廊

直通電話: 0859-35-1301

 

お近くの方は

是非お立ち寄り下さい。

 

□ 2022/10/10

 

展示会のご案内です。

 

news

 

川口 淳平 籐細工展

生成りと銹色

(きなりとさびいろ)

2022年10月19日(水)〜24日(月)

 

10:00〜19:30

※ 最終日は、16時に閉場します。

 

米子しんまち天満屋 3階 美術画廊

直通電話: 0859-35-1301

 

news

 

 

 

江戸末期から松江で続く

籐籠を編み始めてから13年が経ちました。
籐の持つ生成りの清々しさと、
淡い色に染めた
銹色(さびいろ)の新しい籠を是非ご覧下さい。

 

 

 

□ 2022/09/27

 

籐という素材は

生成りの清々しさが

大きな魅力だと思います。

 

年月が経ち

徐々に深みが増して、

茶色に変化して行くのも

嬉しいです。

 

しかし、

数年前から

生成りとはちがう色の籠を

作ってみたいと思うようになり、

色を変える方法を考えました。

 

色を変える方法には

様々ありますが、

籐の素材の特性を活かした

染色方法にしたいと思い、

草木染を使い試験を始めました。

 

 

news

数年間様々な方法を試した後、

今年の春に銹色(さびいろ)が

出来上がりました。

 

青味のある茶色は

生成りの様に色が深くなり、

籠の変化を楽しんで頂けます。

 

 

 

 

 

 

□ 2022/09/09

 

先日出品した第66回鳥取県展の

入選(受賞候補作品)通知が届きました。

 

 

<入選(受賞候補作品)した籠>

革手付籐花結編組籠

(かわてつきとうはなむすびあみくみかご)

 

news

斜めから撮影

 

work

前から撮影

 

work

横から撮影

 

work

近くから撮影

 

 

第66回 鳥取県展

 

 

2022/09/17〜26

鳥取県鳥取市

鳥取県立博物館

 

2022/10/8〜17

鳥取県米子市

米子市美術館

 

2022/11/11〜20

鳥取県倉吉市

倉吉博物館

 

日南町美術館でも巡回展がありますが、

選抜展なので展示されないかもしれません。

 

2022/10/21〜30

鳥取県日南町

日南町美術館

 

 

◇ 公募展について

 

 

□ 2022/09/07

 

富山県高岡市で開催されている

工芸都市高岡クラフトコンペティシン2022

審査が終わりました。

 

work

 

<入選した籠>

籐花入組籠 <旭>

(とうはないれくみかご あさひ)

 

work

 

<形の違う籠を

1つの籠として使える籠が出来ないか>

と思い、制作した籠です。

 

work

1つの時、

2つの時、3つの時、

 

work

色々な場面で

花を飾って頂けるといいなと思います。

(それぞれ掛け花入れにも使える様に、

後部に籐で輪が作ってあります。)

 

  
籠はクラフト展でご購入頂く事が出来ます。


工芸都市高岡クラフトコンペティション2022

【クラフト展】


9月23日(金)〜25日(日)
御旅屋セリオ2階特設会場

(高岡市御旅屋101)

10:00〜18:00

(最終日のみ 〜15:00)


高岡市土蔵造りのまち資料館

(高岡市小馬出町26)

9:00〜16:30

(最終日のみ 〜15:00)

 
 

 

◇ 公募展について

 

 

□ 2022/09/03

 

work

メルセデスベンツのオーナーさんに

季刊で配布されている冊子

Mercedes-Benz me magazine

2022−03 秋号

に掲載して頂きました。

 

 

 

work

妻の手とバッグの2ショットや、

 

work

師匠と私の2ショットなど

店頭でご覧頂く事が出来ますので、

お声がけ下さい。

 

9月10日に発刊予定の様です。

 

以下のホームページから、

会員登録をして頂ければ、

ご購入頂けるようです。

 

Mercedes-Benz me magazine

2022−03 秋号

 

1冊1000円

税込み送料込み

 

 

□ 2022/09/01

 

 

news

ミントチュチュレザーのバッグと

松江藩籐細工の籠は 、

川口 淳平 が

鳥取県米子市で制作しています。

 

品物は、

鳥取県米子市にある直営店

<こちらのホームページ>

年に4回の展示会

でご購入頂けます。

 

下記のお問い合わせフォームに

ご住所・お名前・電話番号を

お知らせ頂ければ、

お近くで展示会が開催される際に、

展示会の案内状を送らせて頂きます。

 

フォームはこちら

 

 

 

 

□ 2022/08/26

 

 

8月27日に開催される

アジア民族造形学会の会場に

 

news

<花結石畳重組籠:2代目長崎福太郎作>と

 

work

<花結編籠バッグ:川口淳平作>の2点を

展示して頂けることになりました。

 

 

AEFA2022総会/大会

アジア民族造形学会

 

会場:学士会館 会場201号

東京都千代田区神田錦町3丁目28−1

 

2022年8月27日

11:00〜20:00

(一般の方は入場無料)

 

アジア民族造形展や

その他様々なイベントが

催される予定です。

 

2代目長崎福太郎の籠は

制作から150年が経っており、

とても深い色が付いた

素晴らしい籠です。

 

お近くの方は足を運んで頂けると

幸いです。

 

 

□ 2022/08/15

 

news

5月19日に

山陰中央テレビの

TAKUMIという番組で放送して頂いた動画が、

youtubeにアップロードされています。

 

お時間のある方はご覧下さい。

 

山陰中央テレビ

TAKUMI

 

 

□ 2022/08/01

 

 

news

看板猫だった

猫のコチャが7月27日に

死んでしまいました。

 

2週間前に手術をしてから

術後の経過が悪く、

すごくがんばっていましたが

残念ながら回復出来ませんでした。

 

コチャを心配して下さった皆様、

本当にありがとうございました。

 

 

□ 2022/07/13

 

第7回 国展・とっとりの会の

展示が終わりました。

 

news

この度初めて

国展とっとりの会に

参加させて頂きました。

 

長年絵画や彫刻を制作されている

先人の皆様と同じ空間に籠を並べさせて頂き、

いつもとは違う方向から

自身の制作した品物を

見る事が出来、

非常に感謝しております。

 

 

□ 2022/07/08

 

第7回 国展・とっとりの会の

展示が始まりました。

 

会場の様子です。

 

youtubeにはもっと詳しく

アップロードされています。

 

第7回 国展・とっとりの会

youtube

 

 

お時間のある方は

是非米子市美術館に

ご来場下さい。

 

 

□ 2022/07/07

 

国展・とっとりの会の

搬入と展示が終わりました。

 

国展・とっとりの会は

鳥取県在住の国展出品者を中心とした、

鳥取県内で2年毎に開催される展示会です。

(絵画・版画・彫刻・工芸の

作品が並びます。)

 

 

news

第7回の開催場所は

米子市美術館です。

 

7月8日(金)〜12日(火)

10:00〜18:00

(最終日16:00まで)

 

トークショー

10日(日)14:00〜

 

 

 

□ 2022/07/04

 

 

台風前の店の前の猫の様子です。

 

□ 2022/06/15

 

 

長崎さんの個展が無事終了しました。

 

 

 

news

師匠の籠と

晴れの日、曇りの日、雨の日を

過ごすことが出来ました。

 

news

今回の展示会の見どころは

花結び籠と掛花入れでした。

 

掛花入れは50個あり、

4,5年前に2年間で制作されました。

 

 

当時師匠は壁一面に籠を飾りたいと

花入れを編み始められました。

 

 

籠の中に自然な影を出す事を目標に、

一番単純な素編み(笊編み)で

何度も何度も編み続けられました。

 

色々な天気の日に

色々な時間に籠の影を見ることが出来て、

とても有難い時間を過ごさせて頂きました。

 

ご来場頂いたたくさんの方々や、

お花を活けて下さったあの方、

多くのお客様に賑わう店内に

落ち着かなかった猫たちに

感謝いたしております。

 

 

□ 2022/06/05

 

 

 

連日多くのお客様に

ご覧頂いておりますが、

是非ご覧頂きたい展示会なので

会期を延長いたします。

 

2022/05/28〜06/05→14日(火)

※8日(水)はお休みです。

営業時間は13時〜19時です。

 

 

 

 

 

□ 2022/05/11

 

news

籠の師匠の個展を

当店で開催させて頂く事になりました。

 

師匠は10数年前に腰を痛めてから、

長時間仕事が出来なくなりました。

 

その為制作出来る籠の数が少なく、

個展を開くことが出来ませんでした。

 

news

この度の展示会では

4年間前から作り溜めていた籠なので、

様々な種類をご覧頂く事が出来ます。

 

今年の秋から冬にかけて

腰の調子が良くなったので、

10数年ぶりに

花結び編みの籠を編まれました。

 

会期中は長崎さんも体調が良ければ、

ご来店頂く予定です。

 

 

2022/05/28〜06/05

 

長崎 誠 籠のある生活

 

 

 

 

 

□ 2022/04/19

 

news

福山天満屋で開催されていた

2つの展示会が無事終わりました。

 

 

news

ご来場頂きました皆様、

お手伝い頂いたスタッフの皆様、

大変な時期に猫の世話をして頂いた方、

大変お世話になりました。

 

新型コロナウイルスの

感染者が多い中での展示会でしたが、

感染対策と展示会終了後に

医療用の抗原検査を行い、

無事に仕事を再開させて頂きました。

 

 

今回は2つの展示会を

同時に開催致しましたが、

次回は来年と再来年に分けて

開催させて頂く予定です。

 

 

□ 2022/04/05

 

news

展示会の搬入をしました。

 

明日から福山天満屋6Fで始まります。

 

2022/04/06〜18

広島県福山市 

福山天満屋 一般美術

個展

(革と帆布の鞄)

 

 

 

 

13日からは

籐の展示も同時開催します。

 

 

2022/04/13〜18

広島県福山市 

福山天満屋 アートギャラリー

個展

(籐籠と籠バッグ)

 

 

お近くの方は

ご覧頂けると幸いです。

 

 

□ 2022/02/21

 

雪が降り始めた時に

カメラを持っていたので撮影出来ました。

 

今年は雪が

あまり降らないので

雪かきが少なく楽です。

 

 

□ 2022/01/13

 

昨年末に

病気で手術をした猫(小チャ)は、

順調に回復しております。

(食事もよく食べます。)

 

小チャファンの皆様、

ご安心下さい。

 

 


        

copyright 1998_2023 Mint chu chu Leather .

ALL Rights Reserved.